« 2020年12月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月31日 (日)

音故知新 がちオープンマイク Vol.39

2021年10月30日(土)

毎月実施されている「がちオープンマイク」ですが、今年は緊急事態宣が解除された時の3回のみ!
あえてブログの投稿は控えさせていただきました。

「がちオープンマイク」の投稿は昨年12月28日Vol.35以来となります。

コロナの状況は昨年と似通った推移をしております。昨年も10月から12月まで緊急事態宣が解除され普通に営業しており、12月の忘年会シーズンで感染爆発、私とママも夫婦そろって年末に感染。2週間の休業を余儀なくされていた時に、緊急事態宣が発令されたという経過でありました。結局2月末まで休業、3月の中旬まで「まん延防止等重点措置」となったのでした。

専門家は第6波は必ず来ると言っております。昨年と違うのは「ワクチン接種」ではありますが果たして今後どうなるのでしょうか?

当店としては今後も気を緩めず感染対策は万全にやっていく所存ですので、皆様におかれましてもマスク着用等のご協力をお願いいたします。

今回の「がちオープンマイク」は完全アコースティック。(クラスメイツのワッキーがエレキを使用しましたけど)。

<関 隆二>
1
浜田省四は卒業しました~!オリジナルも披露!

<しもごうち>
2_20211031103101 
初出場!普段はバンドやってます。

<大浜ひとみ>
3
ここ数年は選曲において「浜田省吾」にこだわってはいません。

<猫のしっぽ>
4
約2年ぶりの音故のステージ!60歳オーバーにとってはたまらない選曲です。

<ダイスケ>
5
布袋寅泰をこよなく愛しております。

<山下耕一>
6
大人気の「こうちゃん」。「がちオープンマイク」の歌「もう少しだけ歌わせて」は秀逸!

<井 久美子>
7
リリーさんの楽曲を3曲。ほぼほぼ来月のライブの練習?

<クラスメイツ>
Photo_20211031103201
邦楽もやりますが、60~70年代の知る人ぞ知る洋楽選曲が特徴!

新たに「がちオープンマイク・プロジューサー」に就任されました「アトム」さんがFBに多くの写真がアップされております。是非ともご覧ください。

2021年10月24日 (日)

Jin-Brad Presents Live !

10月23日(土)

表立ったライブ活動第2弾!

今年、緊急事態宣以外の時期にやってきたライブが裏ライブというわけではありませんが、なんとなく「ライブやってま~す!」と表向きにするのは少し躊躇がありました。いわゆる「世間体」というやつでございます


Jin-Brad 企画ライブは2019年4月以来となります。
Fusion大好きな私にとっては楽しみなライブです。

<Jin-Brad>
Jin-blad2
Jin-blad1
二年前は5人編成でしたが、今回は3人!
3人でも迫力ある演奏!特にドラムの超絶テクは圧巻でした~!(プロドラマーらしいです。)
最後の曲に私の大好きなバンド「カシオペア」の「ミッド・マンハッタン」をやって選んでくれて嬉しかったです。
恒例の「八木さん」の「一曲歌わせて」のコーナーはなんと!「星野源」曲名は忘れましたが難しい歌でした!

<ひきこもり>
Jin-blad2Hikikomori2Hikikomori2
Hikikompri1 
バンドリーダー・Voc&Gt.の長谷川君が昔引きこもっていたことからのバンド名。
現在は「博多タワー」の下(もと)で乾物屋さんを営んでおります。
今回、乾物の詰め合わせを行商(笑)!普通に買えば2000円以上すると思われるものを1000円で販売。
私、2セット購入いたしました。今、魚は肉より高いですからね!そのうちサンマは高級魚!
長谷川君のオリジナル曲は秀逸です!「博多タワー」や「魚」を題材したもの等!

<ゲコチェリー>
Geko1
Geko2
カバーもやりますが、基本的にはオリジナルFusionバンド!
バンドリーダーBassの「橋野さん」、Bassのテクニックも凄いですが、MCテクニックもなかなかのもの。
「1ライブのMCに必ずひとつ下ネタを!」がポリシーらしいです。
今回の下ネタ一句「禿げてても朝**********」。

近いうちにまた、生でFusionが聞けることを楽しみにしております。

2021年10月23日 (土)

田淵公明 ワンマンライブ!

10月22日(金)

昨年12月以来10か月ぶりの投稿になります。

なんせ本年は、ほぼほぼ冬眠状態!やっと地上に出て活動できる状態にはなりましたが、第6波という寒波が吹き荒れてまたまた冬眠状態になるのか?専門家でも意見が分かれるところではありますが、果たして来年はどうなっているのでしょうか?

表だった活動第一弾「田淵公明 ライブ」

1022tabuti

広島県出身(59歳) 九州産業大学在学時代に「照和」で活躍。
30年近くのサラリーマン生活を経て一念発起!シンガーソングライターの道へ。現在全国ツアー中。

私も49歳で脱サラしましたので、田渕さんにはがんがってもらいたいと思います。



« 2020年12月 | トップページ | 2021年11月 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ