« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月20日 (月)

KIZUNA LIVE !

6月18日(土)

<KIZUNA LIVE 2年半のときを越え、素敵な仲間とともに!!>

サブタイトルにもあるように、毎年行われていた<KIZUNA>ライブですが、コロナで2年半ぶりのライブとなりました。
本来は2月開催の予定でしたが、まん延防止等重点措置で中止。4月に延期されましたが、直前にメンバーがコロナに罹患で中止となり三度目の正直でやっと実施できました。

<KIZUNA>は宮崎を中心に活動しているほぼほぼプロ集団バンド。宮崎でラジオパーソナリティをしているVocの「りずむ」さんの圧倒的歌唱力を全面にスキルの高いバックミュージシャンがボーカルを引き立てる聞きごたえのあるバンドです。

ジャズ系ミュージシャンの方々ですが、ジャズナンバーは勿論のことビートルズ・洋楽・JPOP・昭和歌謡など様々なジャンルのセットリスト。最後の曲は「川の流れのように」。そしてアンコールはなんと「どうにもとまらない」山本リンダ!

KIZUNAライブ終了後はセッションタイム、お客様として来店されていたミュージシャンがステージに!

(くろき ひろふみ)
20220618_1
バンドリーダー。ドラム担当。
西南学院大学軽音楽部時代私のドラムの師匠でありました。
大学時代はロックドラマーでリムショットでカンカンいわせてましたが、ジャズドラマーに変身しております。

<KIZUNA>
20220618_2
(くろき りずむ)ボーカル
20220618_3
黒木先輩の娘さんであります。身長は150cmあるかないかの細身ですが声量は半端ないです。
娘さんだから言えるお父さんのドラムに対してのダメ出し(笑)!

<やまもと ひろすけ> ギター
20220618_8
<はまだ じゅんじ> トランペット
20220618_4
<いしあい ひろみち>
20220618_5
<すわぞの てつや>
20220618_9
<たかまつ なおこ>
20220618_7

<セッションタイム>
We-are-the-hakata
音故では見慣れた顔の面々!(分かりづらいですが)
黒木先輩は<みっち>の叔父(伯父)にあたります。
20220618_10
20220618_11
20220618_12

また来年お会いできることを楽しみにしています。




2022年6月19日 (日)

音故知新がちオープンマイク Vol.46

6月17日(金)

今回は、10組中6組の初出場組が参加されました。

「ロッシー高田」「Blessing Rise」「SLASH」「おかエリ」が初出場!
そして初出場疑惑がある「D!REX」「DENGENS」
「DENGENS」はがちには初出場かもしれませんが、2週間に1回くらいの割合でよく見るお二人(笑)!

今回のトピックスは「DENGENS」「SLASH」&「D!REX」さん。

まずは、「DENGENS」の「さとし」君のギターを弾いていない疑惑!

PAの私のミスではあるので最初にお詫びしておきます。「さとし」君「大変申し訳ございません!」。
「さとし」君のアコギが全く聞こえないというクレームがありました。ミキサーの設定に間違いはなく、日頃から非常にやさしく遠慮ぎみに弾くのを知っているのでハウリングを起こさない程度にgainをあげて設定をしております。しかしながら、音は聞こえてきません。そこで私は暴言を吐いてしまいます。「さとし君!ギターを弾いていないじゃない?!」
よく調べてみたところアコギの無線の「電源 DENGEN」が入っておりませんでした。申し訳ない!
電源をいれて再挑戦!しかしながらやっぱりあまり聞こえませんでした~!
「さとし」君!もうちょっと弦のアタックを強くしましょう!
「DENGENS」だけに「電源」が入っていなかったという落ちでゆるしてね!

次は「SLASH」さん。棒読みMC!

Vocの太田さん、非常に珍しいパターンではありますが、MCを原稿にして用意しておりました。その内容が「ロッテ歌のアルバム」の「玉置宏」のごとく昭和のにおいがする内容!そしてその原稿を棒読み!会場からも棒読み!棒読み!の声が(笑)!MCのたびに爆笑!でも思うに絶対に見られない唯一無二のMC!MCで爆笑をとれるのは「武田鉄矢」か「さだまさし」くらいですから。このMCパターンを売りにしては?

最後に「D!REX」COMPLEXのもじり!

前回長いな名前のバンド(BOOWYトリビュートバンド)で出たふたり、今回は、吉川晃司と布袋寅泰のユニットCOMPLEXで出場!会場では音故初といっていい首を縦に振ってノリノリのお客がいらっしゃいましたよ!

<MASA> O.A
20220617_1
<大浜ひとみ>
20220617_2
<Y-TULIP>
20220617_3
<Blessing Rise>
20220617_4
<ロッシー高田>
20220617_5
<悪巧組>
20220617_6
<SLASH>
20220617_7
<D!REX>
20220617_8
<おかエリ>
20220617_9
<DENGENS>
20220617_10

 

 

2022年6月12日 (日)

イマハシカップ打ち上げフリーライブVol.9(やり直し)

6月10日(金)

5月13日のイマハシカップが雨で中止となった為、6月10日にやり直しとなりました。

この日は晴天ではありましたが、蒸し暑くほぼ真夏日!初期高齢者の参加が多いこの大会、お年寄りにとっては危険水域に入る状況。私もご多分に漏れず初期高齢者!

イマハシカップ打ち上げフリーライブの記事ではありますが、ここからは超個人的なゴルフの話をします。

前日というか、当日お店が終わって帰って床に就いたのが午前1時30分。5時30分には起床しなければなりません。しかしながら、「少しでも睡眠をとらなければ」というプレッシャーでなかなか寝付けず、3時頃には寝たのかな~!ということで、超睡眠不足状態でゴルフ場へ。途中のコンビニでユンケルを2本のんで8時に到着。しかしながら体調は最悪!

前半の9Hはユンケルが効いたのかスコアは「41」前半で1位対でしたが,後半はさすがに体力の限界、蒸し暑さも手伝って軽い熱中症状態!3ホール目で右足が強烈につってしまいゴルフにはなりません(´;ω;`)。でも根性でなんとか完走!後半のスコアは「53」。幸か不幸か「大波賞」と「当日賞」(10位)を取る結果に(笑)!
前半で「ドラコン」「ニアピン」もとりましたのでこの日は計4つの封筒をいただきました。「寝不足、足の痙攣にも負けずよく頑張りましたで賞」ということにしておきます(笑)。


高齢者の皆さん!夏場のゴルフは睡眠をしっかり取って臨みましょう!

暑さの影響は夜のライブにも影響!
ベンチャーズバンド(高齢者)の皆さんは全員ゴルフ参加組。しかも演奏までに3時間、アルコールも入りもうろう状態。
案の定演奏はグダグダ(笑)!あずさんも演奏順を猛省しておりました!!

ライブの写真は「あずさん」がFBに沢山上げておりますので、そちらで確認してください。
前回(5/13)出演されていない方の写真のみ掲載いたします。

20226104
20226105
20226107
202261010

20226109

202261012
202261015
20220610_215159


2022年6月 6日 (月)

みっちPresents Live Vol.16 ~6月の音楽会@音故知新~

6月5日(日)

みっちPresents Live Vol.16は本来のサブタイトルは「ユニット&バンド特集」でありましたが、出場予定であった「タケマンバンド」さんのメンバーの身内にご不幸があり3日前に欠場となり、急遽「きんたろう」さんと「ペギー&ひさ」さんがよばれました。「きんたろう」さんはソロなので、急遽サブタイトルの変更となりました。

「きんたろう」さんは前日の超長丁場のライブを耐え抜いて、2日連続のライブとなりました。

今回のトピックスといえばなんといっても「ペギー&ひさ」でしょう!

2022655
ペギーさん(左)はジャズシンガーでひささんはギターを弾いてますが本来はジャズドラマー!!
なので、普段はジャズ・ブルース系のライブハウスに出演されており、フォーク・POPS・ロック系の音故のイベントに出演されるのはお初であります。
とはいいつつも、実はこのお二人通常営業時の常連さんなのであります。なので同じく常連のみっちさんとも顔見知り!ということでみっちのごり押しで今回の出演を承諾していただきました。

<soybeeans>
20226051
みっちPresensには昨年12月以来2回目の出場です。

<みっちとhiro>
2022652
ビートルズとローリングストーンズとジミヘンを二人でやるという変態ユニット(笑)!

<BEAT SWEET CLUB BAND>
2022653
BOOWYトリビュートバンド!ダイスケ君氷室京介になりきっております!
この日ダイスケ君の子供さん二人(小学生)が観覧に!「お父さん カッコイイ!」って言ってましたよ!
娘さんから「カッコイイ!」と言われる父親はよろしいな~!言われたことない(´;ω;`)。

<We are the Hakata セッション>
みっち作曲の「We are the Hakata」のセッションがあったのですが、写真撮り忘れました~!

<きんたろう>
2022654
昨日の「うんこしっこ」「みんみんみん」は封印!分かる人だけわかれば結構です。

<Peace Maker>
2022656
2回目の出場!
写真には写ってませんが、きんたろうさんお気に入りの「スケベ椅子Bass」!
これもわかる人だけわかれば・・!特に中年男性(笑)



 

 

タカオ&ナオミ勝手にシリーズ ジメジメをぶっ飛ばせ・ライブ

6月4日(土)

10回目を迎えた「タカオ&ナオミ勝手にシリーズ」。6月ということで今回のサブタイトルは「じめじめをぶっ飛ばせ」でしたが、この日はカラッとした晴天。翌日の日曜日であればサブタイトルにぴったりの日でしたけど。

いつもながら、長いなが~いベント!それもそのはず14組の出演者。アラウンド古希の方も数名いらっしゃいましたが、その体力には敬服いたします。

14組の中には「One Night Love」的なユニットが複数ありましたが、今後の展開は・・?「シングルプレイのつもりが気がつけばロングバージョン」となりますかどうか?


今回の出演者への課題は「雨」。演奏曲の中に1曲は「雨」に関わる曲をいれるということでした。中には「アメージンググレース」というインチキもありましたが(笑)!

私にとっての「雨」の曲といえば拓郎の「ある雨の日の情景」ですね。深町さんもやられましたが。ギターを毎日弾いていた高校時代(今はまったく弾きませんが。)耳コピして友達とよく歌ってました。

邦楽には「雨」がタイトルにつく曲は山ほどありますが、洋楽で自分がぱっと思いつくのは「雨を見たかい」(CCR)と
「雨にぬれても」(B.Jトーマス)くらいで邦楽ほどは出てきません。もともと洋楽派ではないこともありますが。そこで思ったのは、ビートルズに雨の曲はあったっけ?と考えた結果、ポールのBaasとリンゴのドラムが特徴的な「RAIN]しか思いつかなかったので、ネットで「ビートルズ・雨の曲」で調べてみましたが「RAIN]しかでてきませんでした。自分はビートルズフリークではありませんので、もし他にあれば教えてください。

ライブの内容に関しては、「なおみさん」が揚げているFBをみてね!動画もUPされてます。

~出演者紹~

<しもごうち>
2022641
<深町>
2022642
<大浜ひとみ>
2022643
<Cloud9>
2022644
<COR-SEZ>
2022645
<HIROMI>
2022646
<金さん銀さん>
2022647
<DENGENS>
2022648
<NHK 37>
2022649
<さくらこバンド>
20226410
<KuriKeita>
20226411
<剛と悦子>
20226412
<じゃのめ傘>
20226413
<サンセルズSP>
20226414





 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ